忍者ブログ

[PR]

2019/06/27  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帯状疱疹について

2013/04/17  カテゴリー/医療

 


発疹はアレルギー(食物性や接触性など)やウイルス、体内毒素(飲食物や呼吸由来の)等が原因となって起こりますが、全身性や、いわゆる部分性の発疹ではなく、帯状の発疹や疱疹は主に水疱瘡ウイルスが原因となっています。
 
風邪などの時に鼻の下や口の周りに出来る発疹は、口唇ヘルペスウイルスが原因ですが、帯状疱疹は体力低下や免疫力の低下などによって体内の神経節に潜んでいた水疱瘡ウイルスが活性化し、発症したものです。

水疱瘡ウイルスは、普段は問題ないのですが、風邪をひいて体力が落ちたり、高齢で抵抗力が落ちたり、抗がん剤治療などで免疫力が低下した時などに症状が現れます。
 
治療薬には、ゾビラックス、バルトレックスといったような抗ウイルス剤がありますが、腎機能障害などの副作用や、基礎体温の低下などを招くので、特にガンや糖尿病などの病気に罹患している人には問題です。
 
全般的に、一般薬剤の一番の問題点は体の酸性化と基礎体温の低下にあります。
 
殆どの病気は、体温低下(冷え性)と体の酸性化体質を改善出来れば、自然に治癒に向かいます。(傷口がほっておいても治るように、自然治癒力が高まることで)

ですから、出来るだけ薬剤に頼らず、体質改善を心がけ、根気よく食餌療法や環境改善(ストレスなどを受けないように)に努めることが肝要です。





拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字