忍者ブログ

[PR]

2019/06/27  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クラススイッチ

2013/02/27  カテゴリー/医療

クラススイッチ(英:Immunoglobulin class switching)とは、免疫反応で生産される免疫グロブリンの定常領域(Fc領域)が、抗原などの刺激により可変部を変えずにIgMからIgGやIgEなどへと変換すること。免疫グロブリンクラススイッチともいう。(引用ーウイキペディア)

膠原病はアレルギーと同じように、化学物質や環境汚染物質という同じ敵を排除しようとして、膠原病はIgG抗体を、アレルギーはIgE抗体を用いて戦っているだけなのです。

膠原病は治癒に向かう段階でクラススイッチが行われ、アトピーの症状を発症するようになり、アトピーが完治すれば、膠原病も完治します。

ステロイドを初めとする免疫抑制剤を使うと、見かけ上は症状が軽くなったようでも、かえって悪化するので、完治するためには絶対ステロイド剤などの免疫抑制剤は使用してはいけません。

◆ 一日一回クリックをお願いします♪ ◆
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村







拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字