忍者ブログ

[PR]

2019/06/27  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルギニンの効用

2011/02/05  カテゴリー/生活の知恵

アルギニンは天然に存在するアミノ酸のひとつで、5-グアニン-2-アミノペンタ酸のことで、塩基性アミノ酸の一種です。蛋白質を構成するアミノ酸としては最も塩基性が高く、非必須アミノ酸ではありますが、成長期には摂取が必要です。 

尿素回路の中間体であり、投与によりアンモニアの生体内解毒を助けます。尿素回路内で、アルギナーゼ (EC 3.5.3.1) によりオルニチンと尿素に分解され、アルギナーゼが欠損すると高アルギニン血症になります。
 
条件付必須アミノ酸の1つで、外傷・褥瘡(じょくそう)・感染などの侵襲下においては、充分な補給が望ましいとされています。免疫反応の活性化、細胞増殖を促進し、コラーゲン生成促進などにより、創傷や褥瘡の治癒を促します。
         ※ 褥瘡(じょくそう) : 別名「床ずれ」

また、末梢部位の毛細血管の血行不良を改善するのに、今注目されているのが「アルギニン」です。

マカに含まれるアルギニンは脳下垂体に働きかけて、成長ホルモンの分泌をうながし、必要に応じて体内で一酸化窒素の生成に利用されます。

成長ホルモンの働きで、病気に対する抵抗力がついたり、脂肪の代謝が促進(結果的に動脈硬化が抑制される)されたり、血液の循環が良くなったりします。

また、一酸化窒素の働きで血管が拡張し、血流が改善します。
つまり、「冷え症」の改善につながるというわけです。

このように、アルギニンは体内で血管拡張物質であるNO(一酸化窒素)の合成や、アンモニアの解毒(オルニチン回路)に係る重要なアミノ酸であります。

≪アルギニンの効用≫
  ・冷え症改善
  ・血液サラサラ効果
  ・肝機能強化
  ・滋養強壮
  ・免疫力強化
  ・脂肪分解⇒ダイエット
  ・解毒作用
  ・筋力低下予防
  ・血糖値上昇予防
  ・ED改善

 など、ほか多くの効用が報告されています。





 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字